青汁といってもたくさんの種類があることを知っていましたか

青汁といっても、苦いものでしょ、匂いがきついものではなんて声がよく聞かれます。そんな声があってか、なかなか飲もうと思わないなんて声も聞かれてきます。しかし、よく考えるとそもそも青汁について知らないことばかりではありませんか。

イメージだけ先行していないか

青汁が広まったのも、実はテレビの効果によるものだとも思われます。たとえば、コマーシャルで青汁を飲んで 不味いといったインパクトな強いコマーシャルもありました。あれで知ったなんて人も多いでしょう。さらにテレビの罰ゲームで、実は青汁を飲んでみて、苦そうにしている芸人を見て知ったなんて人も多いでしょう。

意外にテレビで見る機会もあって、実は私たちに近い飲み物だったのかもしれません。それなのに、テレビのそんな様子だけで、味をイメージしてしまっている人が多いのです。

普通の青汁の他にも

青汁もその販売の形はさまざまです。たとえば、粉末の形として販売しているものから、パックなどですぐに飲める形のものも販売されています。こうしたものは、苦味があったり、また匂いもひとによっては気になりやすいものとなっています。そのため、人によっては飲みにくいなんてことになっています。

その一方でさらに飲みやすさを追求したものとして、まずフルーツ青汁が出てきました。普通の青汁も飲みやすくするために、レモンやグレープフルーツなど柑橘系を混ぜて飲むことが勧められたりしています。

しかし、手間や時間もかかります。そこで各メーカーから飲みやすくなるようにと、柑橘系などフルーツのエキスが混ざったものが販売されるようになったのです。ブドウやリンゴやパイナップルやイチゴなどを味のベースにしたり、複数のフルーツを混ぜて苦味を消したものなどが販売されています。

他には豆乳入り青汁も販売されています。そもそも豆乳も青汁にいれると飲みやすくなると言うもので、有名です。豆乳の効果を絵ながらも、もちろん青汁の効果も得られるとして、人気も高まっています。味も飲みやすくなっていて、豆乳好きな人なら手軽に飲めそうです。

いろいろと選べる楽しみが

他には、乳酸菌青汁も出ていて、便秘などの人にもより効果を期待できたりもします。もちろん、こうしたフルーツや豆乳が入っていても、本来の栄養素やその効果は損ねることはなく、続けやすくなるメリットが増えました。

それは女性や子どももちろん、高齢の方々も飲みやすくなっています。ぜひ、皆さん飲みやすくなった青汁を飲んでみませんか。きっと驚くことでしょう。

青汁を美味しく飲むためにどうしたらいいか

青汁と聞くと、真っ先にあの苦そうなイメージが浮かびませんか。青汁の色も緑で鮮やかですが、やっぱりその色がいかにも野菜をアピールしています。野菜嫌いな人だと、いくら健康にいいとはいっても、あの緑が苦手なんて思ってしまうかもしれません。

青汁の苦さは

青汁もやはり、苦い飲み物として広く認知されてきました。その苦さもその原材料であるケールが原因だったりするものです。ケールも普段はあまり見る機会もない野菜です。しかし、その栄養素はいろいろとあり、それが青汁の効果を支えているのです。ところが、苦さがやはりネックで、飲めないなんて人もいるのは残念なことです。

もしも、青汁の効果をしっかりと受けとりたいのであれば、その苦さを克服しなければなりません。

そんな青汁を美味しく飲むには

そんな青汁を美味しくのみたいと思いませんか。青汁も工夫すれば、アレンジをすれば美味しく飲むことは十分に可能です。

まず苦さがきついと言う人は、水でかなり薄めたり、また氷で冷たくすると飲みやすくもなります。さらにいろいろなものを混ぜてみるのもいいでしょう。

たとえば、レモンを絞ってその汁をまぜると、匂いも緩和しますし、また味もさっぱりとしてきます。他にもミカンやオレンジ、トマトなども青汁に合いやすいと言えます。柑橘系はとても合うものです。またリンゴやトマトも合うのですが、リンゴはビタミンCを壊す成分もあるので、もしも、自分で青汁を作るときにはミキサーには一緒に入れない方がいいでしょう。またニンジンを絞った汁も意外とあうのでおすすめです。

あと市販の牛乳を混ぜてみると、味もまろかやになって、飲みやすくもなります。豆乳もいいでしょう。市販でのトマトジュースも合うとの声もあり、トマトを絞る手間も省くならばトマトジュースを使うといいでしょう。
しかし、粒状の青汁も存在します。『青汁大好き!青汁おすすめ比較ランキング』さんの紹介している青汁では粒状の青汁を紹介しています。

酵素青汁111選セサミンプラスは錠剤なので、水で飲んであっさり補給できます。栄養素の観点から見れば青汁を飲むのと変わらないので、長期的に見ればこっちの方が圧倒的に楽です。錠剤の大きさは、小指の爪程度と非常に小さなもの。直径が小さく、厚みもないので老若男女問わず簡単に摂取することができます。

青汁も味付けされてきた

このようにいろいろなものを混ぜることで、青汁も美味しく飲めるようになります。とはいっても手間がかかったり、またフルーツや野菜を買わないといけません。そこで、その手間を省くために、最初から混ぜられたものを飲むのもいいでしょう。

たとえば、フルーツエキス入りで味付けされた青汁も販売されています。また抹茶や緑茶入りなんてものもあります。

青汁の苦味もやっぱり外せない

いろいろな方法で、青汁を美味しく飲むことも可能です。とはいっても青汁の特徴である苦味も、健康のためにと思えば、克服できるかもしれません。

青汁の苦味もぜひ楽しんでみませんか。